お知らせ

釜と錺

京都精華大学/京都の伝統産業実行委員会制作によります「TICリレーション」の最新Vol.6が発行になりました。
 
 
TICリレーションは、
TIC=Traditional industrial Craft (伝統工芸産業)にまつわる人・モノ・世代のつながり(=リレーション)を深化させ、
その優れた技術と文化を未来に継承していくことを目指して、毎年京都精華大学さんが発行されている情報誌で、
毎号 "Studio MacCa"として写真撮影担当させていただいております。
 
「探訪・手技の世界?」としての今号は「釜と錺」と題して
茶の湯の伝統を守る釜師 十六代 大西清右衛門さん、
寺社仏閣をはじめとする日本の伝統建築に用いられる錺金具を変わらず手作りで制作されている森本金具製作所 四代目 森本安之助さん、
同じように金属を用いながらも、全く異なるお二人の仕事を通じて金工の今、過去から未来への道のりを探る一冊です。
 
001.jpg
 
 
片や「おもてなしの心」を体現しつつも侘び錆を重んじる重厚な鉄の造形。
片や神仏を祭る建築物を飾る「引手」や「釘隠し」といったきらびやかで美しい錺金具。
撮影していても、お話を聞いていてもとても興味深くものでした。

普段なかなか手にすることの出来ないない素晴らしい作品を
撮影のためとはいえ間近でじっくり拝見できるのはいつもながらの役得ですね(笑)

金属好きの私といたしましては大興奮の楽しい撮影でした.      ?M.M