お知らせ

おしらせ一般の最近の記事

株式会社富士精密様の企業PRビジュアルの少女の撮影をさせていただきました。

キャプチャ.JPG

少女がナットの穴からこちらを覗きながら「ドゥーユーノーユーナット?」と同社のゆるみ止めナット「U-NUT」をかわいく宣伝するジュアルです。

全国の主要駅にてデジタルサイネージの放映(2018年9月30日まで)と株式会社富士精密様のWEBサイトにて「U-ナットのひみつ」として特設ページを設けて公開されております。是非ご覧になってみてください。

f001a.jpg

京都駅新幹線構内のデジタルサイネージで放映されました。

f003a.jpg

 

株式会社富士精密「U-NUT」特設ページ

 

「大きな羊」

「織楽浅野」浅野裕尚さんの個展がこの秋「アートスペース 余花庵」にて開催されます。

「美しいキモノ」秋号にて御紹介されるにあたり掲載写真と案内状の撮影をさせていただきました。

asano01.jpg

 

こちらの記事は「美しいキモノ」2016 秋号に掲載されております。

asano02.jpg

只今書店にて発売中ですので是非お手に取ってご覧になってください。

 

 

展覧会は9/27(火)?10/2(日)まで

京都市中京区寺町御池上ル アートスペース 余花庵にて。

asano03.jpg

 

 

京都で撮影の仕事をしておりますと沢山の着物や帯を目にします。

そんな中でも「織楽浅野」さんの帯はクオリティとセンスともに素晴らしく、撮影している時もついつい見入ってしまいました。

展覧会では他にどんな「大きな羊」が拝見できるのか、、今から楽しみです。

 

             K_01.jpg

京漬物の老舗「 川勝總本家」様の冬のギフトパンフレットが出来上がってまいりました。

Studio MacCaでは毎号撮影を担当させていただいております。

 

一見するとお漬物のパンフレットに見えない表紙

毎回、京町屋発祥の老舗お漬物屋さんならでは、という場所を選んで撮影させていただいております。

もちろんページをめくれば美味しそうなお漬物の写真。

               K_03.jpg

 

「京の芽生え」は大宮五条上がる 川勝總本家様 本店の店頭に置いておられます、

是非お手にとって見てみてください。

 

p0011.jpg

開創1200年の今年、高野山 恵光院さんにて開催されます日本画家、定家亜由子さんの日本画展。

写真で描いておられる作品はは恵光院さんの「襖絵御奉納」の為の新作で横幅777cm、襖にして7枚の大作なのです。

今回、その作品制作中のアトリエにお邪魔してDM、ポスター作成用の写真撮影をさせていただきました。

完成してお部屋にしつらえられた襖絵を拝見するのが今から楽しみです。

_D4S1223.jpg

 

高野山開創1200年 恵光院襖絵奉納記念

定家亜由子 日本画展

会場:世界遺産 高野山「準別格本山 恵光院」

会期:10 / 30 - 11 / 1     11時 - 17時

 

 

定家亜由子さん ホームページ

準別格本山 恵光院 ホームページ

 

 

 

_D8E0002_.jpg

キルト作家 林サヨコさんの創作活動15周年を記念した展覧会が「ぎゃらりぃ西利」さんで開催されます。

京都の風景を緻密な手縫いのパッチワークキルトで表現した作品約25点が展示されます。

 

Studio MacCaではDM制作のための写真撮影をさせていただきました。

作品単体での写真では伝わり辛いのですが、伏見の酒蔵をモチーフにした新作は幅3m 高さ1.5mの圧巻の大作です。

繊細で緻密なキルト作品、ぜひ実際に生で鑑賞してみてください。

 

林サヨコ 創作キルトの世界2015 創作活動15周年記念展

会場:ぎゃらりぃ西利 4F

会期:10 / 28 - 11 / 3

入場無料

 

ルルルの高野山♪

南海電車「天空」で行く 高野山への旅』 が発刊されました。

r001.jpg

 

今年、開創1200年を迎える高野山。

「観ル 感ジル 撮ル 食ベル 知ル 繋ガル」

をキーワードに「ルルル♪」のリズムの乗せて紹介する

ちょっと柔らかい高野山のガイドブックです。

 

昨秋、取材撮影をさせていただきましたこの本がいよいよ発刊されました。

 

 

r005.jpg

 

天候、出会い、、、

弘法大師さまの後押しとも思える取材中に起こった数々のミラクル。

良かったら書店で手に取ってみてください。

きっと高野山に行ってみたくなりますよ。

 

r002.jpg

 

淡交社刊 『南海電車で行く 高野山への旅』 ¥1,600-

釜と錺

京都精華大学/京都の伝統産業実行委員会制作によります「TICリレーション」の最新Vol.6が発行になりました。
 
 
TICリレーションは、
TIC=Traditional industrial Craft (伝統工芸産業)にまつわる人・モノ・世代のつながり(=リレーション)を深化させ、
その優れた技術と文化を未来に継承していくことを目指して、毎年京都精華大学さんが発行されている情報誌で、
毎号 "Studio MacCa"として写真撮影担当させていただいております。
 
「探訪・手技の世界?」としての今号は「釜と錺」と題して
茶の湯の伝統を守る釜師 十六代 大西清右衛門さん、
寺社仏閣をはじめとする日本の伝統建築に用いられる錺金具を変わらず手作りで制作されている森本金具製作所 四代目 森本安之助さん、
同じように金属を用いながらも、全く異なるお二人の仕事を通じて金工の今、過去から未来への道のりを探る一冊です。
 
001.jpg
 
 
片や「おもてなしの心」を体現しつつも侘び錆を重んじる重厚な鉄の造形。
片や神仏を祭る建築物を飾る「引手」や「釘隠し」といったきらびやかで美しい錺金具。
撮影していても、お話を聞いていてもとても興味深くものでした。

普段なかなか手にすることの出来ないない素晴らしい作品を
撮影のためとはいえ間近でじっくり拝見できるのはいつもながらの役得ですね(笑)

金属好きの私といたしましては大興奮の楽しい撮影でした.      ?M.M
 

 
 

木版と本屋さん

京都精華大学/京都の伝統産業実行委員会制作によります「TICリレーション」の最新Vol.5が発行になりました。

 

TICリレーションは、

TIC=Traditional industrial Craft (伝統工芸産業)にまつわる人・モノ・世代のつながり(=リレーション)を深化させ、その優れた技術と文化を未来に継承していくことを目指して,

毎年、京都精華大学さんが発行されている情報誌です。

 

今号では、「木版と本屋さん」というテーマで京都の木版職人のすばらしい手技と、

日本で唯一、現在も木版出版を継続されている美術出版の芸艸堂さんの取材を通じて

現代における木版画の価値、意味、を再考されております。

 

 

_DSB8132.jpg

 

何工程もの摺りをへて出来上がった美しい木版画、

そして、芸艸堂さんこ蔵に大切に保管されている芸術品とも呼べる数々の版木、

それらを撮影するために間近に拝見できたことはこの仕事をさせていただく役得とでもいいましょうか。。。

たいへん楽しい仕事でした。

 

 

2月19ー23日まで京都市美術館別館で「手技に学ぶ」展として、

京都精華大学 卒業制作展と併催されておりますのでお時間のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

精華大学 手技に学ぶ:http://www.kyoto-seika.ac.jp/info/event/event/2014/02/19/21296/

竣工写真集

_7025396.JPG

 

先月、6月2日の織田信長の命日に

「信長の魂と酒を酌み交わす」

をテーマに元本能寺跡にオープンされました

「信長茶寮」さまの竣工写真撮影および写真集の制作をさせていただきました。

通常2,3冊ほどの部数で制作させていただくことの多い竣工写真集なのですが、

ご好評をいただき20冊近くもの増刷となりました。

 

写真が銀塩からデジタルに移りかわり、モニター上で見ることの増えた昨今ですが、

こうして紙に刷られたものを実際に手にとって見られるって、

いいもんだなぁ?とあらためて思ってしまいます。

 

フォトブックサービスを利用すれば少数部数からでも制作可能ですので

機会があれば撮影した写真をぜひブックにまとめてみてください。

きっと素敵な記念本になりますよ。

 

 

 信長茶寮http://www.shinchou-saryou.jp/ 

   Maison de frouge.jpg

京都で  「いちごのお菓子」  と言えば、

の、

Magasin Des Fraisesさんが

新たにmaison de frouge(メゾン・ド・フルージュ)としてリニューアルされました。

 

Webサイトも新しくされるということで

写真の撮影を担当させていただきました。

甘?い♪お菓子たちの写真の数々

メゾン・ド・フルージュさんのHPで是非見てみてください!

 

 

http://ichigonoomise.com/  :maison de frouge(メゾン・ド・フルージュ) http://ichigonoomise.com/